アンコールトム アンコールワット遺跡群のひとつで、12世紀の後半に、ジャヤバルマン7世によって造営された仏教寺院などの建築群であり、「アンコール・トム(大王都)」の名が示すとおり、王宮を中心にした都市。

写真はその中心とも言えるバイヨン寺院。四方に刻まれた観世音菩薩の巨大な顔が特徴的。



angkor1


angkor4


angkor5


angkor6



angkor3



angkor2