曼荼羅と写真--What a wonderful world !

埼玉県川越市在住の整体師です。趣味は散歩と旅行と写真撮影と絵画(曼荼羅制作)です。撮影した写真と曼荼羅を観てください。

カテゴリ:海外

アンコールトム アンコールワット遺跡群のひとつで、12世紀の後半に、ジャヤバルマン7世によって造営された仏教寺院などの建築群であり、「アンコール・トム(大王都)」の名が示すとおり、王宮を中心にした都市。写真はその中心とも言えるバイヨン寺院。四方に刻まれた観世 ...

カンボジアのシェムリアップという町は、世界遺産のアンコールワットを観に世界中から観光客が集まって来る国際的な観光地だ。そこのナイトマーケットには多くの屋台や夜店が軒を連ね、一年365日、お祭りのような賑わいだ。 ...

観光地と化した麗江の町にも、住民は住んでる。麗江の新市街。近代的なビルの向こうに、5000メートル級の山が聳え立つ。民族衣装を着た女性。写真撮影のためのようだ。灯篭流し用の灯篭を売る女性。麗江旧市街の寺院内の千手観音。旧市街の外れにある一般民衆用の市場。 ...

中国の雲南省の古都、世界遺産の町、麗江に行ってきた。古い町並がそっくり残っていて、石畳の道を歩いていると、タイプスリップをしたような気になった。ライトアップされた町並が幻想的だ。瓦屋根が折り重なるように続いていた。運河でポーズを撮る中国人観光客。映画のワ ...

アユタヤの観光象。水上マーケット。ただし観光用がメイン。水路の両側に土産物屋や雑貨屋、果物屋などが並んでる。観光客を乗せたボートが行きかう。バンコックのカオサン。少数民族の女性が土産物を売り歩いていた。  ...

漢民族の土着的・伝統的な宗教である道教の寺院。道教の寺院の境内道教の神々過剰なまでの装飾に縁取られた道教の神々寺院の外観  ...

タイのバンコクの寺院(ワット・ポー)の涅槃仏。涅槃仏とは、釈迦が入滅したときの様子を表していると言われている。全身が金箔で覆われていて、長さが46メートル、高さが15メートルの巨大な仏像だ。  ...

ホイアンのランタン祭りのときには、河沿いの道端で、灯篭売りの少女(おばさんのことも)が店を開きます。店と言っても数個の灯篭を並べて売ってるだけです。1ドルほどで買った灯篭を、河に流します。 日本の精霊流しと似てますが、こちらは、願いや祈りを込めて流してあげ ...

↑このページのトップヘ