曼荼羅と写真--What a wonderful world !

埼玉県川越市在住の整体師です。趣味は散歩と旅行と写真撮影と絵画(曼荼羅制作)です。撮影した写真と曼荼羅を観てください。

カテゴリ:川越

入間川沿いにある、安比奈親水公園の小川で釣りをしてる人たち。五月初旬だというのに、初夏のような陽気だった。川越から狭山に向かう入間川の土手で泳ぐ鯉のぼり。河ではなく、空に浮かび泳ぐ鯉たち。色とりどりの鯉のぼりと休日を楽しむ人々。平和そのものの光景だ。わが ...

喜多院の屋台とお茶屋の前のベンチで談笑する親子。昨年の11月、七五三のときに撮影。子供が晴れ着(和服)を着てるのが可愛い。左奥の大きな屋根が本殿。 喜多院の境内の様子。奥の紅白の垂れ幕は、菊展。おみくじ。背景は絵馬。人々の夢と希望の痕跡。  ...

日本の伝統文化のひとつ 川越祭りの山車。(2014年10月撮影) ...

川越市の喜多院正門(境内からの眺め)。喜多院の境内。左手奥の建物が本殿。喜多院の五百羅漢。 日本三大羅漢の一つ。五百余りの羅漢像は、川越北田島の志誠(しじょう)の発願により、天明2年(1782)から文政8年(1825)の約50年間にわたり建立されたもの。十大弟子、十 ...

10月18~19日は川越祭りだった。山車の周辺は、歩けないほどの人出。山車の造形美とお囃子を聴いてると、古き良き日本の文化が感じられた。今の文化で、100年後も残っているものがあるだろうか?と思った。 ...

川越祭りは、夜のほうが風情があります。世界でもここにしかない日本の伝統美です。 ...

10月に開催される川越祭り。山車が何台も出て、屋台も沿道にズラーッと並んで、昔ながらの日本の祭りの雰囲気を堪能できます。都心からわずか40分でこんな祭りが体験できるなんて!凄いと思います。 ...

2014年の冬は大雪だった。川越の町も雪国のように。とはいえ、雪景色は情緒があって、夏に見ると涼しさをくれます。 ...

↑このページのトップヘ